FC2ブログ
2019/01/12

母屋の玄関天井の貼り替えDIY

御覧の皆様、こんばんは!

今日は、タイトルのとおり母屋の玄関天井の工事をしました。
(´・ω`・)エッ?、兼業農家以外もやってんの?
実はちょっとした工事くらいなら、ほとんど自分でやります。
もともと好きな性分で、エンジンがかかれば一気にやります。
10年ほど前、カーポートも自分で組み立てました。(基礎(土木)工事から組み立てまで)
敷地境界の土留め工事やら、庭の植栽まで何でもやります。

既存の天井を剥がしたのが1月6日。
DSCF3126_R.jpg
昔、土間だったところに玄関を増築してパネル(紙を溶かして圧縮したような素材)が貼ってあります。
ところが、経年による変色や雨漏りによるシミが目立ってきていました。
昨年の台風20号の時に、大量の雨が漏れてきて天井のパネルの一部に穴が開いて、トドメを刺してくれました。
今年、法事があり親戚も来られますので、”なんとかせなあかんなぁ”ってことで、始めました。
先ずは、天井パネルを剥がします。
天井パネルは、すべてタッカー(ホッチキスのようなもの)で止まっていましたので、マイナスドライバーとラジオペンチで剥がします。
屋根裏なので、堆積した埃と雨漏りで落ちてきていた屋根土が~~~~!
そ~~っと剥がします。
DSCF3134_R.jpg DSCF3133_R.jpg
廻り縁ですが、安っぽい物が付いていましたが、低コスト補修なのでそのまま活用します。

そして本日、予め買ってきていた羽目板をサイズに合わせてカットしていきます。
作業台はもちろん、軽トラ! 高さが丁度いいです。
荷台にコンパネを置いて即席の作業台に変身!!
DSCF3142_R.jpg
カットした羽目板を端から順番に留めていきます。
今回購入した羽目板は、あいじゃくり加工がしてありますので重なって見えなくなる所に、細ビスで留めます。
留めるのが板材の片側だけですので、付けた後斜めになっているようになります。
当分このままで様子見をして、反りが出て隙間が空いてくるようだと中間にビス止めしようと思います。
DSCF3144_R.jpg
そんな感じで、お昼過ぎにはすべて張り終え、照明も有ったところに取り付けなおして作業完了!
DSCF3146_R.jpg DSCF3147_R.jpg
超簡単な作業でしたが、色々楽しめました。
コスト的にも少なめで済みました。
無節の檜材の使用も考えたりしましたが、人の出入りがほとんど無い所ですので費用対効果の観点から、ホームセンターの安い杉材にしました。
これから数年後、良い感じに日焼けしてくると思います。
材料が少し余ったので、どこかに使おうか考え中。
実は、この時が一番良い時間です。
では。
2019/01/09

有機肥料を買ってみた!

ご覧の皆様、こんにちは!

本日2連投。
タイトルのとおり有機肥料を購入しました。
販売は、加古郡リサイクルプラザっていう所です。
通常、\200/袋(10kg)のところ、抽選で半額の\100で販売するとのことで応募して見事当選!しました。
いつもは鶏糞を使っていますが、今年の春・夏野菜の肥料に使ってみたいと思います。

原材料は、我々の排泄物が原料とのことです。

 DSCF3135_R.jpg DSCF3136_R.jpg

野菜よ!、大きくそして美味しく育ってくれ!
と願いつつ。
では。
2019/01/09

仕事初め? - 田起こし

ご覧の皆様、こんにちは!

もう仕事も始まっていますが、本日は所用で午後から帰宅。
少し時間がありますので、お正月明けの仕事初めの様子でも。

1月4日に2.2反の田んぼを起こしました。
いつもですと、この田んぼはレンゲを撒いて春まで放置するのですが、今年は起こしました。

毎年「ホタルイ」と「オモダカ」に泣かされている田んぼで、何とかならかなぁって色々と調べた結果、根茎類が残る田んぼでは冬場の耕起が有効との情報があり、やってみようと思い立ち秋から数えて3回目の耕起を実施。
朝は霜が降りていましたが、10時頃には風も少なく穏やかな天候になりました。

 DSCF3123_R.jpg

土壌も乾いており、土塊もだんだん小さくなり藁も漉き込むことが出来ました。

 DSCF3124_R.jpg

あと2回ほど、冬場の寒い間に漉き込んで天地返しも兼ねて実施します。
寒の時期の耕起は「耕種的防除法」と言って、少しは効果があるようです。
多年生雑草の繁殖を食い止めることが出来れば、極限までの減農薬栽培が可能になります。
しかし、無肥料で育てている今、収量減は覚悟しなければなりませんね。
(倒伏を免れることも期待できます。)
この田んぼは、あと数年間は実験圃場とするつもりでいます。

では。
2019/01/02

2019年 謹賀新年

先ずは、 謹賀新年

ご覧の皆様にとっても良い年でありますように!
元旦は、家内の実家にご挨拶に出掛けており、当ブログへの書き込みも出来ない状況でした。
今年は、昨日の早朝に拝んだ初日の出の写真をアップしておきます。

 DSCF3120_R.jpg

昨年は寝坊しましたのでいい写真を撮れなかったのですが、今年はバッチリでした。
毎年のことですが、日の出前には撮影スポットに大勢の方が早朝から並ばれます。

 DSCF3113_R.jpg

上の写真は6時50分くらいの状況で、まだ数は少ないですが、日の出前5分程は車でごった返します。
しかし、今年の元旦は寒かった!
気温にして、氷点下2℃ぐらい。
デジカメとスマホで撮影していましたが、手袋を脱いでいるとすぐに指が動かなくなります。
それでも皆さん熱心に撮影されてました。

明けて、本日(1月2日)も早朝ウォーキングへ
途中、神社がありますので初詣がてらにお参り。
行ってから賽銭を持っていないことに気が付きましたが、せっかくなので参拝。
願いは、もちろん「家内安全」と「豊作祈願」です。
賽銭がなかったので聞き入れて頂けるかどうかはわかりませんが、2日目の早朝ともなると参拝者も居られないので、聞いてくださっていると信じています。(笑)

今年はいい年でありますように!
では。
2018/12/22

コンクールの結果が来た!

今年も出品しました。
先日、封筒に入った冊子が届きましたので早速開封しました。

今年は異常気象が続いたので、半ば諦めモードで出品していましたが、やっぱり の結果でした。
でもって結果ですが、過去からの結果も並べています。
 食味2018

・第17回(H27)
 整粒値:71.1  水分:14.5  蛋白:7.1  アミ:17.9  脂肪:20  食味:80
 減農薬(5割減)、化成肥料5割減
・第18回(H28)
 整粒値:71.0  水分:14.2  蛋白:6.6  アミ:16.6  脂肪:18  食味:85
 レンゲ緑肥、減農薬(5割減)、化成肥料5割減
・第19回(H29)
 整粒値:75.2  水分:14.7  蛋白:7.2  アミ:18.1  脂肪:18  食味:81
 レンゲ緑肥、減農薬(5割減)、化成肥料不使用
第20回(H30)
 整粒値:56.0  水分:13.5  蛋白:7.6  アミ:17.2  脂肪:19  食味:78
 レンゲ緑肥、減農薬(5割減)、化成肥料不使用

とまあ、今年はさんざんの結果となりました。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
整粒値は、登熟不足の影響があって揃いが悪かったのかと思います。

昨年からはガタ落ちとなりました。
収穫後に試食をお願いしたお米屋さんの評価どおりとなりました。
H29年度産のお米は比較的評価が良かっただけにショックですね。
収穫前の台風による倒伏が一番の原因と思います。
来年は倒さず十分登熟させる方向で計画します。

「とらぬ狸の・・・」とやらで、個人で売れる事を期待して保有米を多めにしていたのですが・・・
まあ、毎日食べる分には遜色ない味ですので良いのですが、来年古米として残る分が心配です。
周りからもいろいろと言われるので大変です。
世間には食べるのにも困っている方もおられますので、その方面にもあたってみようかなと思います。