2018/07/04

コシヒカリの状況(分げつ & 開帳 & 草刈り & 排水)

こんばんわ!

久しぶりの更新です。
無肥料コシヒカリも分げつが急ピッチで進んでいます。
中干も6月23日から始めました。途中、雨が降りますが完全放置です。

6月22日:左 と 7月3日:右 の違いです。
・圃場A(1.4反)
DSCF2571(0622)_R.jpg DSCF2648(0703)_R.jpg

・圃場B(1.1反)
DSCF2573(0622)_R.jpg DSCF2650(0703)_R.jpg

・圃場C(1.8反)
DSCF2575(0622)_R.jpg DSCF2652(0703)_R.jpg

全て同じ場所からの写真ですが、わずか10日程で成長の違いが判ります。
伸びもですが分げつ数も30本を超えています。
ちょっと緑肥が効きすぎているかもしれません。
今日までは台風の雨でしたが、明日から梅雨前線の雨が続くようです。
水戸尻は閉めずに週末まで開放するつもりです。

開帳度合いですが、28cm間隔疎植で植えた株間がすべて埋まりました。
しかし、開帳しているので株元まで太陽の光が入ってています。
DSCF2647(0703)_R.jpg DSCF2654(0703)_R.jpg
DSCF2637(0701)_R.jpg

稲の成長もすごいのですが、畔草の勢いも凄いので3週間ほどすると、草丈が膝まで達しますので草刈り侍。
(ビフォー)
DSCF2628(0630)_R.jpg
(アフター)
DSCF2630(0630)_R.jpg
この圃場は面している畔も多いので大変です。
自走式のモアもあるのですが、今回は熱中症覚悟で午前・午後合わせて3時間ほどで3圃場4.3反の草刈りをしました。
後半、足がつり始め熱中症の第一ステージにかかりましたが何とかクリアしました。
(近所の人は、「元気者がバカしてる」とでも思っているのでしょう。)
しかし、畑もせなあかんので頑張りました。

次は排水です。
圃場C(1.8反)ですが、この東側の圃場ですが、毎回漏水して我が家の圃場に染み出してきています。
同じコシヒカリだと刈り取り時期も合うので良かったのですが、この方はひのひかり、一か月違います。
我が家が中干するときには、ガブガブ水です。
無肥料なので干さないでも良いのですが、やはり少しは田面も固めたいので困ったものです。
でもって、畔の際に溝を掘って水戸尻へ排水します。

(掘る前:ずっと水が流れてきます。)
 DSCF2612(0627)_R.jpg DSCF2613(0627)_R.jpg
(掘りました:鍬の幅分で深さは5~8cmくらい)
DSCF2638(0701)_R.jpg DSCF2640(0701)_R.jpg

この圃場の耕作者の方、近年は畔シートを入れて下さるようになりましたが、数年前までは漏れていても知らん顔で、減った分だけガブガブと水を入れるものですから、我が家の田んぼは水入れせずともいつも満水でした。(笑)
水漏れは畔に穴が開いているからで、この方の圃場だけは春先から周囲はいつも「茶色」でした。
畔シートを入れても漏れてくる訳、解りますよね。
とりあえずJA出荷分だけ。
という考えがそのような行為になるのでしょう。
なんかやるせないです。

嘆きはこの辺にして。
あと2週間ほどすれば出穂かなぁ。
今年も旨味調味料を投入予定です。(化成肥料ではありません。)
今日、ネット注文しました。
投入すればご紹介しますね。
では。
2018/06/21

コシヒカリの状況(分げつ & 開帳)

こんばんわ

先週から1週間(6月21日)の状況。
劇的には変わらずですが、田植えから40日。(出穂約35日前)
記録として残します。
無肥料なのですが、少しづつではありますが分げつ & 開帳してきました。

 ・圃場A(1.4反)
  DSCF2562(0621)_R.jpg DSCF2563(0621)_R.jpg

 ・圃場B(1.1反)
  DSCF2565(0621)_R.jpg DSCF2566(0621)_R.jpg

 ・圃場C(1.8反)
  DSCF2567(0621)_R.jpg DSCF2568(0621)_R.jpg

 この開帳について
 一般的な農家は、田植え前や田植え時に化成肥料を与えます。
 稲としては根を少し伸ばせば傍に美味しいご飯がいっぱいあるので、楽して成長をすることができます。
 このため、株は開帳せず「ぞっくり型」と呼ばれる株だけが太くなり真っすぐに伸びます。

 かたや無肥料の稲は、美味しいご飯を求めて根を伸ばします。
 根を伸ばすが故に、地上部には栄養が行かないので成長が遅くなります。
 先週紹介した写真がその状態です。
 植物は伸ばした根の範囲まで、地上部の葉が出ますので株が開帳したようになります。
 
 このころから地下では緑肥鋤込みから1か月以上経って、腐熟した養分(窒素分)が発現してきます。
 発現した養分は、伸びた根が吸い上げ地上部へ送られ、地上部が姿を変え始めます。
 茎は太く、そこから太い分げつがたくさん出てきます。
 田植え後の条間の空間も徐々に見えなくなってきます。
 まもなくです。

 書籍で写真をみて、これを毎年見たくてやり始めたようなものです。
 まだまだ先人(近隣の方ではありません)には及びませんが、追いつけ追い越せで勉強しまっせ!

2018/06/13

コシヒカリ 除草と分けつの様子

こんばんわ
田植えからほぼ1か月経ちました。

 今年はキシュウスズメノヒエが少ないようでほっと一息。
 でも、やっぱり目立ちましたので手取り除草しました。
 DSCF2430(0526)_R.jpg DSCF2432(0526)_R.jpg
 バケツ片手に田んぼの中をウロウロ。
 (こんな姿、なかなか見ることはできません。)
 DSCF2431(0526)_R.jpg

 その後、ホタルイが酷かった圃場ですので、新兵器 ゲパードを散布しました。
 今回は効果を確認すべく、全6.6反の内2.5反に散布。
 本日までの経過ですが、水位がキープ出来たところは効果があったようで、大きくならず消えている場所もありました。
 しかし、水位を保つためチョロチョロと水を入れていた辺りはダメですね。
 DSCF2531(0613)_R.jpg


 本日の状況です。
 ・圃場A(1.4反)
  分けつは中くらいです。
  DSCF2523(0613)_R.jpg DSCF2524(0613)_R.jpg

 ・圃場B(1.1反)
  分けつは少ないです。
  DSCF2525(0613)_R.jpg DSCF2526(0613)_R.jpg

 ・圃場C(1.8反)
  分けつは多いです。
  DSCF2527(0613)_R.jpg DSCF2528(0613)_R.jpg

 ・圃場D(2.2反)
  初期除草剤のみで、深水がキープ出来た圃場です。
  深水期間が長かったのでちょっと分けつが少ないです。
  しかし、また去年のようにホタルイの成長も著しく1週間ほどの間に凄いことになっています。
  DSCF2492(0609)_R.jpg DSCF2493(0609)_R.jpg
 この圃場はレンゲが少なかったので追肥したいのですが、表層に蒔くとホタルイを育てる羽目になるので、躊躇しています。
 先ずは除草かなぁ。
 落水してバサグラン。でも梅雨期間中だし雨が心配だ~。

 (来年の課題)
  ホタルイを少なくする耕起方法は無いものか?
  いろいろと情報収集せねば!
2018/06/13

野菜等々

こんばんは
ひさしぶりの更新。
梅雨入りしていますね。紫陽花もきれいに咲きました。
(書いている今日から中休みですが・・・)
 DSCF2499_R.jpg

・6月3日のお世話
 加古川メロンの苗を作っていたので定植をしました。
 場所は、ネットメロン・スイカ・カボチャの畝の端っこ。
 (一寸だけ見えていますね)
 DSCF2481_R.jpg
 苗です。
 DSCF2454_R.jpg DSCF2457_R.jpg
 こんな感じで植えました。
 もちろん、元肥は鶏糞がたんまり入っています。
 DSCF2456_R.jpg

 続いて玉ねぎの収穫。
 晩生玉ねぎが2種類ありました。
 近所のホームセンターで買ってきた物は食べながらでしたので、すでに収穫済み。
 種から育てた「ケルたま」ですが、定植時にあまりに小さかったので 2本植え していましたが、育ってみるとなんと普通ではありませんか!
 DSCF2450(0603)_R.jpg
 翌週の6月9日、翌日から雨予報でしたの思い切って収穫しました。
 巷の情報では、畑で晴天状態で2日程干してからとの事でしたが、いきなり括って吊るしました。(笑)
 いいサイズが170球ぐらいありました。
 ネットに入っているのは、1週前に収穫したホームセンター苗の玉ねぎです。
 DSCF2497(0609)_R.jpg DSCF2510(0609)_R.jpg

 後は、サツマイモの苗取りと定植
 5月のGWに買って植えていた「安納芋」と「紅はるか」ですが、育ってます。
 DSCF2480_R.jpg
 長そうな弦をハサミで切って、小一時間程干してからマルチを移植ごてで切って定植。
 谷の土が湿っていたので、マルチの穴を埋めるように塗りたくってお仕舞い。
DSCF2496(0609)_R.jpg
 10月頃には良い物が獲れるといいなぁ。
2018/05/22

畑仕事いろいろ

こんばんは
ここ最近米作りの記事が多くなっていますが、野菜も合間に色々と作っています。
自家消費+α分ですが、出来そうなものを多品種栽培しています。
基本的に世話が大変そうなものは少ないです。(笑)

1.トウモロコシ
 3月初めに播種した第1~3弾ですがこんな状態。
 (第1弾)-おひさまコーン
 DSCF2289_R.jpg
 (第2弾)-おひさまコーン
 DSCF2288_R.jpg
 (第3弾)-白トウモロコシ
 DSCF2290_R.jpg
 収穫期が遅くなるとアワノメイガに襲われるので多分今年はこれで打ち止め。(多分)

2.キヌサヤ・スナップエンドウ
 開花時に追肥が上手く出来たのか、毎日ザル1杯づつの収穫量があり、もういいよ状態になっていましたが、じわじわと減っています。ただ、成長が芳しくなかったスナップエンドウの勢いが出てきています。
 もう少し楽しめます。
 (左側:キヌサヤ、右側:スナップエンドウ)
 DSCF2261_R.jpg

3.レタス
 白菜後が畝の上部だけ鋤き込んで植え付けました。
 途中1回だけ追肥しました。
 だんだん巻いてきていますので、少しでも固くなった状態で収穫です。
 適期が短いので、毎日サラダです。
 DSCF2374(0519)_R.jpg DSCF2375(0519)_R.jpg

4.枝豆
 苗を作っていましたので定植しました。(約30株程度)
 DSCF2416(0520)_R.jpg

5.インゲン
 これも苗を作っていましたので定植しました。(約10株程度)
 実は種から育てていたのですが、日中の世話ができなかったので殆ど芽が出ませんでした。
 DSCF2423(0520)_R.jpg

6.カボチャ
 コクウマカボチャ(4株) と 栗カボチャ(4株)
 広い畝にして、コシヒカリの育苗時に使っていたシルバーポリトウを雑草防止のためにマルチ代わりに敷いています。
 植穴を開けて鶏糞を投入して、混ぜてから上に土を置いて鞍つきにします。
 DSCF2407(0520)_R.jpg DSCF2408(0520)_R.jpg
 (コクウマカボチャ)
 DSCF2411(0520)_R.jpg
 (栗カボチャ)
DSCF2414(0520)_R.jpg
 植え付け適期から約1週間経ったので、双葉が枯れてしまいました。

7.葉ネギ
 毎年、前年の残りを8月頃に一旦干してから植え付けていましたが、今年は違うネギを作ってみようと、種から苗を育てています。
 植え替えてから約2週間。植え付けは7月頃を考えています。
 DSCF2372(0519)_R.jpg

8.落花生
 奥さんの実家から頂いた苗です。(8株、50cm間隔)
 DSCF2420(0520)_R.jpg DSCF2421(0520)_R.jpg

9.路地生えのトマト
 去年栽培していた付近で、種から大きくなったもの。
 枝豆を定植した畝の端でしたので、傷を付けないように枝豆を植えた後、支柱を立ててあげました。
 (案外、凄いことになったりして。期待しています!)
 DSCF2370(0519)_R.jpg DSCF2418(0520)_R.jpg

10.里芋
 GWの間に、浅いところに埋めて、芽出しを揃えていました。
 だいたい出揃ったので、掘り上げて定植しました。
 DSCF2376(0519)_R.jpg
 手前6株が正常植え、向こう全部が逆さ植え。
 掘り上げたのが下の写真。(どうですか?)
 DSCF2384(0519)_R.jpg DSCF2386(0519)_R.jpg
 畝の真ん中を掘り下げてから、芽が出た芋をそっと置いて、ちょっとだけ埋め戻します。
 DSCF2383(0519)_R.jpg DSCF2391(0519)_R.jpg
 芋の間に、牛糞堆肥と鶏糞を置きます。
 DSCF2392(0519)_R.jpg
 適当に混ぜ合わせてから、芽が埋まらない程度に埋め戻して終了。
 DSCF2394(0519)_R.jpg
 この後、3倍程度になった頃に鶏糞を株周りに追肥して土寄せします。
 里芋は鶏糞で十分です。(昨年もこれで失敗なしでした。)
 しかし、芽が出ることが判っていたら植え替えなしでやれたのですが心配性だからでしょうかね。

 追記)
  定番のトマト(4種くらい)・キュウリ・ナス(2種)・ピーマン・シシトウは既に植えています。
  田植え準備の合間にバタバタとしていたので写真がなかった。
  頃合いを見て撮って載せておきます。手入れも大事ですのでね。

  その他、人参も大きくなっています。もう、半月くらいで食べごろサイズかなぁ。
  菊菜も、蕪も大きくなっています。菊菜は味に癖があるのでこの時期食べ方がよく判らないですね。
  DSCF2373(0519)_R.jpg DSCF2371(0519)_R.jpg

 よく考えると、色々植え付けすぎですね。
 こっちの方が大変そう。(笑)