FC2ブログ
2017/08/26

コシヒカリの収穫準備(8月26日)

こんばんわ、久しぶりです。
今夜(8月29日)は、先週末からのダイジェストを綴って行きたいと思います。
(日付も撮影日に設定しています。)

①刈取り後の籾を運ぶコンテナ
 DSCF1623.jpg
 自宅で乾燥調製する際はこれを軽トラの荷台に積んで田んぼに横付け。
 コンバインで刈った籾を目一杯に積んで帰ってきます。
 これって案外便利で、乾燥機に横付けして、写真の右に見えている排出口から、そのまま乾燥機の張り込み口に投入します。
 ブロアで埃やら去年からくっついていた籾をすべて落としてきれいにします。
 (解体すればスペースが少なくて済むのですが、めんどいのでそのまま倉庫内に保管しています。)

②コンバイン
 DSCF1625.jpg DSCF1629.jpg
 そしてコンバイン。
 大農家ではないので、2条刈りのかわいいやつです。
 昨年、収穫後に外せるところは外して掃除していたので、これは殆ど埃飛ばしだけで終わりました。
 ベルト類の点検と注油。
 注油は、使わなくなったエンジンオイルを使っています。
 使用前にはまた注油して使います。
 DSCF1628.jpg DSCF1627.jpg
 カッター部は刈取り部の命ですが、よくよく見ると刈刃が開いている所がありましたので、農機具屋さんへ電話すぐ来てくれてチョチョイと直してくれました。(頼りになります。)

 後は油類の点検と乾燥機のバーナー用の燃料を入れて試運転。
 トラブルもなく試運転完了。

 あとは畑作業と休耕田の畦草刈りだぁ。
 しかし、日中は暑いです。


2017/08/20

コシヒカリの収穫準備(8月19日・20日)

こんばんわ、久しぶりです。
今夜(8月23日)は、お盆前からのダイジェストを綴って行きたいと思います。
(日付も撮影日に設定しています。)

もうすぐ収穫が始まるので、自家消費用米の乾燥・調整設備の点検清掃をしました。

①大物の乾燥機
 DSCF1592_R.jpg DSCF1588_R.jpg
 DSCF1590_R.jpg DSCF1595_R.jpg
 なんという事でしょう。出るわ出るわ、籾・草種・籾・草種がぞろぞろと。
 去年、ちゃんと掃除したつもりなのですが何故かいっぱい。
 開けれる所は開けっ放しにして、しばらく通風運転。

②最終選別機
 DSCF1598_R.jpg
 去年から2段選別をしていますが、2段目のものです。
 ネジが緩めれて、外せるものは全て外して掃除します。
 

③揚穀機
 DSCF1601_R.jpg
 1段目の選別が終わった玄米を最終選別機に送る装置です。
 ネジが緩めれて、外せるものは全て外して掃除します。

④籾摺り機
 DSCF1602_R.jpg
 乾燥した籾から玄米を取り出す装置です。
 ネジが緩めれて、外せるものは全て外して掃除します。

まだ、コンバインやら籾を運ぶコンテナなどの掃除が残っています。(暑い~~~~)
2017/04/02

トラクタの爪交換

こんばんわ、訪問ありがとうございます。

色々と作業が目白押しに迫ってくるので、トラクタのロータリーの爪を交換しました。
今回交換した爪ですが、購入は1年程前でした。
”もうそろそろ変えないといけないなぁ”って言いつつ、”もうちょっと!!”って延び延びになっていました。

【ビフォー】

DSCF0817_R.jpg

【途中】
 途中で間違えたら大変なので、いっちゃんは1本ずつ交換していきます。
 爪配列は、均平耕用や山盛耕用の配列があります。
 昔はあまりよく判っていず、親父からの指示で組み換えをしていました。
 めんどくさいのもあるのですが、組み換えをよくするとネジが傷むのです。

 ある人のブログを見ていた時に、二山盛耕が良いという書き込みがありました。
 一昨年、新品への交換の際に二山盛耕用に変更してからは、乾田耕起・代掻き問わずなんでもこなせるようになりました。

DSCF0824_R.jpg

【アフター】

DSCF0832_R.jpg

【工具類】(おまけ)
・ハンマー (叩いて緩めたり/締めたり)
・レンチ (ネジを回します。)
・ドライバー (こびり付いた泥を落とします。)
・廃油 (次回外し易いようにネジ部に塗ります。)
・ウエス (余分な油分の拭き取り)
電動工具とかエア工具があると便利なのですが、優先順位から考えると後回しになります。
手の感覚で締めると、どの程度まで力を入れれば大丈夫かが体感できます。

DSCF0820_R.jpg

では。
2017/01/22

田植え機さがし

こんばんわ
連続で投稿です。

ブログタイトルのとおり兼業農家ですので、稲作の事も少し。
今年も、減農薬・減化学肥料で米作りをします。
究極は「無農薬栽培」ですが、今の自分では無理ですのでちょっとだけ背伸びしながら技術を磨いていきます。
事情は追々書きますが、疎植植えができる田植え機を探しています。
疎植植えは、近年の主流となっているようで、コスト低減・稲の成長を妨げないと良いことずくめのようです。
去年、クボタさんから実演機をお借りして植えた結果、なるほどと思いました。
昨日畑に出ていると、前を通りかかったクボタさんと立ち話し、夕方電話がかかってきて良い出物があるとの事。
さっそく確認にGo!!
3年落ちだそうです。( ゚Д゚)
DSCF0637_R.jpg

疎植植え切り替えもあり!!
DSCF0638_R.jpg

マジですか!!状態でした。
価格は「やっぱり」というものでしたが、大蔵大臣と相談しますと言って帰ってきました。
(しかし、ツバは付けました。)
導入出来たかどうかは田植え前にご報告します。

ご覧いただいてありがとうございました。