FC2ブログ
2017/03/14

サツマイモの苗づくり

訪問、ありがとうございます。

三連ちゃん目です。
今度は、サツマイモの苗づくりです。
普通、サツマイモはホームセンターや園芸店で苗を買ってきて植えます。
いっちゃんも2年前までは、必要な分を買ってきて植えてました。

たくさん作ろうと思えば、たくさんの苗(お金)が必要です。
ある時から知恵をつけて、早めに買って植えて分枝を増やしてから、苗取りをして増やしていました。
昨年、ネットで前年の残り芋で苗を育てる記事を見て、”これだ!”って、さっそく真似をしました。

結果ですが、10個ほど植えて4個ほどから良い芽が出ました。
大事に育てて大きくして、6月頃45本、続いて1ヶ月後50本ほど良い苗が獲れ、大収穫しました。
畝の長さに対して、ちょっと多すぎたので30cm間隔でさしてたくさん獲れました。

今年もちょっと早いとは思いましたが、種芋の選抜と埋め込み。

DSCF0751_R.jpg DSCF0752_R.jpg

スーパーで貰ってきた発泡スチロールの入れ物に籾殻で保温していたのですが、その大半が腐りかけ。
中々保存は難しいですね。
サツマイモは、10℃以下では腐り始めるので、家の中での保管が必要です。
保管場所は、1階より2階が良いようです。(冷蔵庫の上がベスト。)
我が家では、自宅内での保管は許可が出なかったので、納屋の中でも色々と場所を変えて保管。

で、食用を除けて程度の良いものを10個ほど用意して埋めました。
籾殻と牛糞堆肥をミニ耕運機で良く鋤き込み、浅く埋めます。
(欲を言えば、45℃のお湯につけると発芽が良いようですが省略)
その上から籾殻と米ぬかをふりかけ。不織布掛け(マルチの方が良かったかなぁ)をしてからトンネルで保温。

DSCF0756_R.jpg

芽が出始めたら不織布を破って芽を成長させます。
上手く行けば紹介しますね。
ではまた。

コメント

非公開コメント