FC2ブログ
2017/02/01

2017年度の稲作計画(2)

訪問ありがとうございます。
今日は所用で休暇を頂いています。時間が出来たので記事の続きを。

作付計画については5~6年前から作っています。
なによりも
 ・米作りにかかるコストが明確になる
 ・何をどれだけ用意すれば良いか
がはっきり分かる事です。
前作の関係で施肥量が変わりますので、計画自体は前年度から方向性は決まっていると言えます。

前回の計画書の中で、「現状」の項がありましたが、我が家では「レンゲ」を栽培しています。
レンゲをやっていると、真冬の圃場耕起をしませんので、体にも良いです。(笑)
レンゲはマメ科の植物で、御存知の方も大勢いらっしゃいますが、空気中の窒素を根に固定化(根粒菌)しますので、稲作時の化成肥料の減肥に効果があります。

2016年春の様子です。
レンゲ畑-1

レンゲ畑-2

当地での主な栽培品種は、キヌヒカリとヒノヒカリです。
コシヒカリを別名「コケヒカリ」と呼ぶくらいで、当地の近隣の方はやりたがらない品種です。
かくいう いっちゃん も、2年目は基肥を多投して5反ほどを豪快にコケヒカリ化してしまい、えらいことになりました。(笑)
しかし、文献やネットで色々と勉強させていただくうちに、コシヒカリは施肥・管理をしっかりすれば大丈夫という事が分かりました。

つづく

コメント

非公開コメント