FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/09/07

H29年度産、コシヒカリ飯米の籾摺り(1回目)と収穫(飯米&JA分)

こんばんは、訪問ありがとうございます。

先週末の9月3日に全てのコシヒカリの収穫が終わりましたが、日毎に。

9月3日(日)は、朝のうちに1日(金)に収穫したコシヒカリの籾摺りです。
前日の機械の配置を済ませていましたので、細かな位置調整の後作業開始。
正面に見えるのが、籾摺り機。
 DSCF1706_R.jpg
なかなかいい感じです。
 DSCF1713_R.jpg

これが、大昔から使っている1だんめのライスグレーダー(1.8mm)
バリバリ現役です。
 DSCF1707_R.jpg

出てきた玄米はそのまま袋詰めを行っていましたが、品質が一定せずでした。
昨年、奥の揚穀機と共に2段目の選別計量器を導入しました。
最近でしたら当たり前のように見かけますが、計量まで自動でしてくれるので何ともありがたや。
 DSCF1708_R.jpg

そして、2段目からいっぱい屑米として出ています。
 DSCF1709_R.jpg
アップにするとこんな感じ。
 DSCF1710_R.jpg

もう少しアップにすると、良いものがいっぱい。
 DSCF1712_R.jpg

 実は今年の選別から、選別計量器の網を1ランクアップしました。
 (去年:1.85mm → 今年:1.90mm)
 その差は、0.05mmですが出る量が凄かった。
 1.9mmで23袋獲ったのですが、約40kg程度。
 勿体ないので、翌日に1.85mmの網に戻して選別をし直しました。
 約30kgほど出ましたので、自家消費米としてキープ。
 DSCF1719_R.jpg DSCF1721_R.jpg

 夕方、10kgを精米所へ持って行って精米してきて試食。
 中米(生青米が多い状態)でしたので、程々に美味しかったです。

 そして、1.9mmから獲れた玄米が下の写真です。
 コシヒカリは粒が小さいと言われていたのですが、なんのなんのたくさん粒張りの良いのが獲れました。
 シラタもありますが、まずまずです。
 DSCF1720.jpg


籾摺りが終わったのが、10時過ぎで乾燥機も空になったので、最後の圃場へ2回目の飯米用の稲刈りへGo!
最後の圃場は、自宅から程近くで良いところ。
(レンゲの風景が映える写真の田んぼです。)
 DSCF1015_R.jpg
 上が、下になりました。
 DSCF1716.jpg DSCF1715.jpg

 「秋太郎」に目一杯刈ったところで帰宅し乾燥機へ張り込み。
 昼食後に残りを刈ってJAに出荷し完了しました。

 残すは、乾燥機に入っている籾ですが、9月9日(土)に籾摺り予定です。
 圃場の場所が違うのと栽培方法を少し変えましたので、こちらも気になります。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。